資産運用とギャンブルの違いとは?

こんにちは、明石コウジです。

昨日、私の師匠であるMr.Satouに会ってきました。

会社に行ったらPSP版のモンハンに
夢中になられていました笑

「今日取引はどうしたんですか?」
と聞いたところ、

「朝10分くらいで終わらせた」
とのことでした。

そのあとはずっとモンハン。
さすが師匠、羨ましいです笑

そんなMr.Satouですが、私が会いに行くたびに
投資について色々教えてくれます。

今回の記事では
私が日々教わっていることの中から

“資産運用とギャンブルの違いとは!”

というテーマで書いていこうと思います。

では早速ですが、

株、FXは資産運用で、パチンコはギャンブル

株、FXは資産運用で、パチンコはギャンブルである。
そんなイメージをお持ちではないでしょうか?

ではなぜ株、FXは資産運用で
パチンコはギャンブルなのでしょうか?

言葉のイメージであったり、テレビでそう言っているからでしょうか?

では例えば、株、FXを全くの素人が練習もしないでいきなりやってボロ負けしている。
この人がやっていることは果たして資産運用といえるのか?

一方でパチンコで毎月安定的に利益を出している
パチプロという人もいます。

私の知り合いにもいますが、
その人は自分のめちゃめちゃパチンコが好きなのに
条件にハマった台がない時は一切打たないそうです。

この人がやっていることは
一概にギャンブルとは言えないと思いませんか。

どちらも投資ではありますが具体的に何が違うのでしょう。

そもそも資産運用とは

そもそも資産運用とはなんなのでしょうか?
天下インターネット百科事典“ウィキペディア”
で調べてみます。

〇資産運用
「自身の持つ資産を貯蓄・投資し、
効率的に資産を増やしていくこと。
様々な企業が資産運用に関するサービスを提供している。

運用会社より様々なサービスが提供されており、
それらのリスクとリターンに鑑みて、
自身の資産をどのように運用するかという基本設計から始まる。」
とあります。

上記を踏まえて私の解釈では、
資産運用とは自分の資産を効率よく増やしていくために
自分が目標とした利益を出せる計画(ルール設定)を立てて
合ったサービスを選択するか、もしくは自分で運用していきます。

計画通り(ルール通り)に運用することで
目標とした利益をほぼ近い値で出していきます。

ギャンブルとは

同じようにギャンブルについても調べてみます。

〇賭博・ギャンブル
「金銭や品物などを賭けて勝負を争う遊戯のことである。
金銭や品物などの財物を賭けて、
(偶然性の要素が含まれる)勝負を行い、
その勝負の結果によって、負けた方は賭けた財物を失い、
勝った方は(なんらかの取り決めに基づいて)財物を得る、
と言う仕組みの遊戯(ゲーム)の総称である。

賭博・ギャンブルは、人の射倖心をくすぐり、
時に中毒的な依存状態を招き、破産や人格崩壊に至り、
果てには自殺、殺人に及ぶ場合もある。」

ウィキで調べたのは初めてですが、
いかにもネガティブな文章です笑

あくまでも財物を賭けて勝負を争う遊戯(ゲーム)です。
資産運用とは対照的で、そこに計画性(ルール)は全くなく、
その場の快楽のために行われる行為です。

偶然お金がプラスになったりマイナスになったりする結果論の世界です。

資産運用とギャンブルの違いはルールとメンタルにあった!

上記で資産運用とギャンブルについて書きました。
どちらもお金を投資して増やす行為としては同じですが、
両者には明確な違いがあります。

細かく言うとたくさんありますが、
代表的なことで言うと

1.その投資行動にルールがあるか。
2.そのルール守るためのメンタルがあるか。

この二つです。

この二つがあるかないかで、その投資行動が
資産運用なのかギャンブルなのかが決まります。

なので、
一般的に資産運用と言われている株、FXをやっていても
投資行動にルールがなかったり、ルールがあっても破りまくっていたら
それはギャンブルになってしまいます。

逆にギャンブルと言われているパチンコでも
パチプロのようにルール設定をしてストイックにルールを守って
投資行動をすることでその行為は資産運用といえます。

違いを説明できない業者がとても多いという事実

資産運用とギャンブルの違いはルールとメンタルという話しました。
実はこの話、同業者(金融系のサービス、商品を扱っている人)の中では初歩的な知識です。

ですが、残念なことに最近説明できる人がほとんどいないのです。

私は仕事柄、毎月たくさんの同業者(金融系のサービス、
商品を扱っている人)にお会いします。

その中でよく今回のテーマのことを話題にあげてみるのですが、
説明できる人がほぼ皆無です。

最近、金融系の商品を扱う人がとても増えてきていますが、
同時にリテラシーの低下がとても心配です。

一般の方が知らないのは当然ですが、
業者側が知らないのは問題です。

説明できないということは自分が提案しているものが
資産運用なのかギャンブルなのかわかっていないということになります。

知識のない業者がもっと知識のない一般の方に説明している状態です。
とても危機感を感じます。

まとめ

今回は資産運用とギャンブルの違いについて書きました。

両者の大きな違いは ルールとメンタルの有無です。

資産運用と思ってやっていたとしても、
その二つががなければギャンブルと同じです。

既に資産運用に取り組まれている方は
一度、自分がやっている投資行動にちゃんと
その二つが備わっているか見直した方がいいです。

もしこれから始めるという方は
今回の記事を参考にして正しい情報やサービスを
選択して頂きたいと思います。

それでは。

今すぐ登録する

この記事をシェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください