ビジネスと資産運用の違いについて

 こんにちは、明石コウジです。

私が資産運用について勉強を始めてから約1年になります。

その前はいわゆるビジネス(ネットワークビジネス、アフィリ、転売)をやっていました

色々知識がついてきてわかったことは

お金を増やすということだけで考えたら資産運用が
一番近道ということです。

ですがビジネスをすることで得られることもとても多いです。

今回はビジネスと資産運用の違いについて
私なりの考えをお伝えしていこうと思います。

ビジネスは人間的成長ができる

最近、個人でビジネスを始める人が増えてきました。
ネットワークビジネス、転売、アフィリエイト、YouTube、個人の得意分野を事業にするなど様々です。

ビジネスをする事で
・人間関係構築力
・経済感覚
・コミュニーケーション能力
・時間の考え方
・文章能力
・ビジネスにおける心構え

など学ぶことができます。
さらに事業内容によっては人のためになったり社会貢献につながります。
そして上手くいけば自立した経済活動していけます。

全く元手がなくてもスタート出来るのがビジネスのいいところでもあります。
頑張ったら頑張っただけ収入も増えます。
とても成功していきなり大きな収入が得られる可能性もあります。

自己成長につながります。

お金だけなら資産運用

お金を稼ぐことだけで考えたら資産運用が一番効率が良いです。
なぜならビジネスと違い、お金とお金の間に介在するものが何もないからです。

ビジネスの場合はお金を受け取るまでに物やサービス、人などあらゆるものが介在します。
さらにビジネスが上手くいくかどうかはあらゆる外部的要因に影響されます。
資産運用の場合はお金でお金を直接生み出していきます。介在するものが何もありません。
そして外部的要因に影響されることもありません。しかし資産運用には投資する元手は必要です。
そしてビジネスで得られるような人間的成長は全くないです。
誰かと何かをするわけではないですし、コミュニケーション能力も必要ありません。

完全な自己完結でお金を生み出す手段といえます。

どっちがいいかではない

ビジネスは元手がなくてもお金を生み出すことができます。

ですが得たい収入によって難易度が大きく変わります。
例えば1万稼ごうとするのと100万稼ぐとでは選ぶ手段や大変さがだいぶ変わってきます。

資産運用の場合はスタートするためには元手が必要になります。
少額からスタートすると得られる利益も小さくなります。

ですが元手さえあれば得られる利益も大きくなります。
例えば月利10%の運用手段があったとして、
元手が1万円であれば利益は1000円ですが、元手が100万であれば利益は10万になります。

かける時間、労力は同じです。

元手が少なくても少額からできる運用手段選び複利運用をすることで
効率利益を出していくことも可能です。

どちらを選ぶかは目的や取りたい収入によって変わると思います。
全く元手がないところからお金を生み出したい場合、
何か取り組みたい事業が明確にあり、その事業で成功することが夢や目標である場合はビジネスをすべきだと思います。

少しでも元手があって、ただお金が生み出せればいいという場合は資産運用を選択すべきだと思います。
ビジネスで月10-20万ほど稼ぐのあれば資産運用のほうが効率的です。

まとめ

今回はビジネスと資産運用のついてお伝えしました。

ビジネスは元手なしからスタートできることや人間的成長ができることが魅力です。
夢や目標を達成するためにビジネスが必要なのであれば取り組むべきです。
想いが強ければ大きな収入が伴う可能性があります。

お金だけなら資産運用です。

私個人の考えとしては、お金のつくり方にはこだわりはないのです。
お金をつくるためにわざわざ汗水たらす必要はないと思っております。

かといってビジネスを否定しているのではなく、
お金という道具は資産運用で効率良くつくり、つくった道具で人のために貢献できるようなビジネスをしていくことを考えています。

人間的成長もとても大切なので、ビジネスと資産運用の両方をバランスよくやっていくことでどちらも上手くいくと思っています。

今すぐ登録する

この記事をシェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です