お金ってどうやってできたのか?

こんにちは、明石コウジです。

お金の歴史って知っていますか??

普段当たり前のように使っているお金ですが、
そもそも、いつごろからどのように人間社会で
使われるようになったのでしょうか?

今回はお金の誕生するまでの
ことについてお伝えしていきます。

歴史上においてお金とはどのようにして誕生し、
またどのように普及していったのか、
過去から現在にまで振り返ってみます。

お金なかった時代の話


出典 八十二文化財団

お金という概念が生まれる前、
その時代の生活はいわゆる物々交換(ぶつぶつこうかん)
により成り立っていたそうです。

例えば、漁師は自分が釣った魚を集めて、
野菜が食べたいときは農家と魚と野菜を
交換してもらうような社会が過去にはありました。

しかし、もし農家の人が、
「今は魚を食べたい気分じゃないんだよね。肉が食べたい。」
ということもあるでしょう。

このような時、漁師はわざわざ一度猟師に
肉と魚を交換してもらってから、
再度農家と交換してもらうという非常に非効率な
ことをする必要があったということです。

もちろん、魚は生ものですから時間が経過すると
その価値はどんどん少なくなってしまいます。

これは困ってしまいます。

そこで生まれたのが物品貨幣というものです。

物品貨幣の誕生!


出典 八十二文化財団

物々交換では残念ながらお互いの希望が容易に
一致しないなどの難点がありました。

そこで
1.誰もが欲しがるもの
2.収集・分配できて、誰もが納得できる値打ちの大きさを表現できるもの
3.持ち運びやすく、保存できるもの

これらの条件を持つ、貝、布、穀物、珍しい石、砂金などの
品物が交換の手段として使われるようになりました。

これが物品貨幣といわれるものです。

今で言う貨幣とは違いますが、
腐りにくいものを使って欲しいものと
物品を交換することで社会は便利になりました。

中国の殷・周の時代には、
宝貝が物品貨幣として使用されていました。

お金に関係のある漢字に貝のつくものが多いのはそのためです。

金属貨幣の誕生!

さらに歴史が進むと、
やがて物品貨幣のなかで金属(金・銀・銅)といった希少な金属が
貨幣としての価値を持つようになりました。
金属は貨幣として優れた性質をもっていたためです。

しかし、金や銀では採掘量に限界があります。
同時に社会に出回る量にも限界があります。
そこで生まれたのが「鋳造貨幣」「紙幣」です。

紀元前8世紀頃になると、中国では農具、刃物を
かたどった布幣や刀幣などが造られるようになりました。(図1)

図1 出典 八十二文化財団

鋳造貨幣や紙幣とは銀行が発行する紙や金属でできたお金であり、
現在知られている最古の硬貨は紀元前7世紀にリュディア(現トルコ内半島の国家)で
作られた”エレクトロン貨”、最古の紙幣は1023年から
北宋の政府紙幣として流通した”交子”とされる。

日本のお金のはじまり

中国で西暦621年に「開元通宝」という優れた貨幣が造られ、
これが遣唐使などによって日本に伝えられたそうです。

この開元通宝をモデルにし、
和銅元(708)年に造られた「和同開珎」
日本最古の貨幣とされていましたが、
さらに古い7世紀後半に造られたとされる「富本銭」
奈良県明日香村の飛鳥池遺跡で見つかったそうです。

708年の和同開珎以降、
250年の間に12種類の貨幣が造られました。

朝廷が発行した貨幣という意味で、
これらは「皇朝十二銭」と呼ばれています。(図2)


図2 出典 東京国立博物館

政府はこの皇朝銭を広く民衆に使わせようとしましたが、
その流通範囲は主に近畿地方に限られていました。

また、銅不足から貨幣の質が落ちたため民衆の銭離れが起こり、
政府の力も弱体化したため、10世紀末には皇朝銭の鋳造は中止されました。

皇朝十二銭以後、約600年間は、公鋳貨幣が造られなくなり
徐々に以前の物品貨幣に戻ってしまいました。

その時は政府の発行するお金より
米や絹の方が信用できたということです。

まとめ

今回はお金の歴史についてお伝えしました。

歴史を少しでも知ることでお金の見方が
変わると思います。

お金というのはあくまで価値を記録するための
道具、手段であるということです。

私個人としてはまた物々交換が流行る時代が
来ると考えています。

それでは!

今すぐ登録する

この記事をシェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です