まずはこの投資から!スポーツブック投資について

こんにちは

明石コウジです。

皆さん、スポーツブック投資ってご存知ですか??

簡単に説明するとブックメーカーという海外の賭け事のマーケットを使って
スポーツの勝敗や得点などに賭けて利益を出していく投資法です。

ここ数年、個人投資家の間で密かに流行っているのですが、
なぜ流行っているのかというと、
5〜10万円ほどの少資金から気軽にスタートできて投資未経験の方でも
堅く利益を出せる魅力的な投資法だからです。

入門の投資として、私の師匠であるMr.satoもとても推奨しています。

というより、そもそもはMr.satoが日本で最初にブックメーカーに目をつけて
10年の研究を経て開発した投資法でもあるんです!

私の人生を変えるきっかけとなったのもこの投資です。

今回はそんなスポーツブック投資についてお伝えしていきます。

そもそもブックメーカーとは?

スポーツブック投資を知る上で、まずブックメーカーについてもお伝えする必要があります。

ブックメーカーとはイギリス発祥のマーケットで、
世界中の様々なことを賭けの対象にして、賭けられる環境を提供している会社です。

例えば、世界中のスポーツの試合の勝敗や得点などをはじめ、
明日の天気が晴れだったら賭けた金額が何倍になって戻ってくる、大統領がどの人になったら何倍など、
様々な項目に賭けることができるいわゆる大人の遊びです。

日本でいう競馬のような感じです。

日本国内では法律の関係上ブックメーカーは存在しませんし、
賭け事というと少しネガティブなイメージを持つ方もいますが、
ブックメーカーは海外ではむしろ社会的な地位の高い職業です。

また、海外のブックメーカーを使って遊んでいる日本人も年々増えています。
日本のプロ野球の試合やJリーグの試合なども海外のブックメーカーのサイトで
Betリストにたくさん出ているのがその証拠です。

スポーツブック投資とは?

スポーツブック投資とは、
上記でお伝えしたブックメーカーの中のスポーツ分野を対象に投資を行うものです。
スポーツの勝敗や得点などに賭けて利益を出していきます

例えば、Aさん対Bさんのテニスの試合があったとしてAさんが勝ったら2.5倍、Bさんが勝ったら1.5倍とします。
この時にBさんの勝ちに1万円賭けて、見事予想が的中すれば1万5千円になって戻ってくるので利益は5千円という感じです。

本来ギャンブルのマーケットなのにどうやって投資として利益を出していくか、
そもそも試合の結果なんて予想できないのでは?と疑問に思う方も多いかと思います。

たしかに遊びでやるとギャンブルですが、過去の膨大な統計データを元につくられたルール(必勝法)
に当てはめて試合を選びBetしていくことで、高確率で予想を的中させて利益を出していくことができます。

どんなメリットがあるのか?

①少額からできる。
この投資はかなりの高利回りを出すことができるので、
10万円ほどの少額の資金でもしっかりと利益を出すことができます。

②再現性が高い
試合の選びは過去の膨大な統計データを元につくられたルール(必勝法)に
当てはめて行います。
ルールは全て数字的なもので曖昧さがないので誰でもほぼ同じ結果になります。

③手軽にできる
スポーツブック投資はPC(スマホでもOK)から簡単に投資をすることできます。
さらに1日の好きなタイミングに30分から1時間ほどの作業でできるので、空き時間などを有効に活用できます。

④スポーツを観戦しながらできる
観戦しながらでも投資ができるのでスポーツ好きの方であれば楽しみながら利益を出すことができます。
もちろんスポーツの好き嫌い関係なしに利益は出せるのでご安心を

⑤投資に慣れてお金を数字で見ることができるようになる
お金ってどうしても感情で見てしまいがちです。
お金がないと焦りが生じるし、急にお金が入ってきたら価値観が変わってつかい過ぎてしまったり。

それはお金が人間の理性に大きく影響与えてしまう特殊なものだからです。
少額から投資に慣れていくことでだんだんお金を数字で見れるようになり、お金と上手に向き合えるようになれます。

もちろんデメリットもある

上記の見るとメリットばかり投資のように聞こえますが、
もちろんデメリットもあります。

①少額しか利益が出せない
利回りは高いですが、ブックメーカーの制限で一回あたりのBet額に上限があることなどから
利益として20〜30万円くらいまで(慣れや工夫でもっと利益を出すことも可能)の投資法です。
スポーツブックに慣れて、それ以上の利益を求められるようになってきた場合は別の投資法を初めてみるのも良いと思います。

②自分で作業する必要がある。
投資信託やヘッジファンドに預けるような他者に運用してもらうわけではなく、
自分で運用するので手間がかかります。

③練習が必要
スポーツも練習してできるようになるのと同じで、投資も練習が必要です。
ですが、スポーツでプロになるようなめちゃめちゃ難しいものではなく
野球でいう少しキャッチボールができるようになればよい程度などでご安心を

1日の空いた時間に100円程度のBet額で練習してだいたい1ヶ月程度で習得可能です。
Fxや株などを習得するのと比べたらハードルはかなり低いです。

具体的にどのようにして利益を出すのか

例えば運用資金が10万円の場合
1Betを5分の1、つまり2万円に設定します。
オッズ(倍率)を1.2倍とします。

2万円×1.2=2.4万
1Betでの利益は4千円

10回のBetで
4千円×10回=4万円の利益

仮に負けがきた場合、マイナス2万円ですが
まだマイナスには転じていません。

必勝法どおりにBetすることで94%の勝率で的中させることができるので、

月60回のBetで
4千円×60回=24万円の利益

5回負けをひいたとして
24万円−2万円×5回=14万円

このような感じで利益を出して行けます。

まとめ

今回はスポーツブック投資についてお伝えしました。

この投資は少額でスタートでき、再現性もとても高い手法です。
なにから始めていいかわからない方や少額しか資金がなけど利益を出したい方におすすめです。

投資を始めるきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

それでは!

今すぐ登録する

この記事をシェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です