投資はスポーツと同じという話。

こんにちは
明石コウジです。

だいぶ久しぶりの更新になってしまいました。

ありがたいことにこのブログがきっかけでたくさんの方から
問い合わせをいただき忙しくしたり、私ごとですが引越しをしたり
充実した日々を送らせていただいておりました。

相変わらず普段からたくさんの方にお会いさせていただくのですが、
やはりその中で

・投資って難しそう
・たくさん貯金ないとダメないのでは
・センスとか才能がないとできないのでは

という声をよく聞きます。

私自身、一年半前は「投資って株のこと?」っていうくらいのレベルでした。

そんな状態から今では自分自身で投資(資産運用)を行い毎月固く利益を出すことができています。

投資に難しいイメージを持つ方は、
そもそも投資に関する知識がないから難しく思うのは仕方ないのです。
自分でやってみたいとは思うけど難しそうだし、そもそも何から始めていいか
わからないと思います。

でも大丈夫です。

以下の内容を読み進めていただくことで
投資対する難しいイメージを少しでも無くし、
自分でもできそうと思っていただけると思います。

実は投資はスポーツと同じなんです。

私は師匠であるMr.Satoから一番最初にこのこと教わり
投資に対するイメージが大きく変わりました。

スポーツと同じって、どういうことなのか、

今回はそのことについて記事を書いていこうと思います。

投資はスポーツと同じという話

いきなりですが、実は投資ってスポーツと同じなんです。

同じってどういうことか

例えば全く野球をしたことない人が野球始めるとして、
いきなり試合出ても何もできないですよね。

ですが全くやったことなくても、できる人から教わりながら数時間の練習をすれば
いきなりホームラン打ったりはすごいプレーしたりはできないけど、
ある程度バットにボールを当てたり、キャッチボールくらいは誰でもできるように
なるかと思います。

それ、投資も一緒なんです。

投資も全くのやったことない人がなんとなく初めても最初から利益は出せません。
それどころマイナスなってしまう可能性もあります。

ですが逆を言えば、スポーツと同じで
練習すること誰でも利益を出せるようになるんです。

ちゃんとしたやり方であれば月10〜20万円ほどの利益出すほどの資産運用であれば
野球でいうキャッチボールが覚えるくらいの感覚でできるようになります。

投資と検索してネガティブなワードがたくさん出てくるのは、
ほとんどの人が練習してないのにいきなり投資した結果、失敗して
「投資なんてやるもんじゃない」「ギャンブルだ」とか書いてることが多いです。

本当は全然そんなことないです。
練習すること誰でもできるようになるんです。

仮に毎月10万の利益を出せば、1年で120万、10年で1200万円の貯金の差になります。

かなり大きいですよね。

自分で投資(資産運用)を身につけることで上記のような資産を自力でつくれるようになります。

まずは少額でできる投資対象を選ぶ

練習すれば誰でもできるようになることわかりました。
ではどのように始めればいいのでしょう。

投資(資産運用)をする上でまず最初にすることは投資対象を選ぶことです。

どういうことかというと、どこに投資をしてお金を運用していくかを決めます。

投資と検索してよく見かけるのは株、FX、
他にも最近ではバイナリーオプション、ブックメーカー、暗号通貨など様々な投資対象があり、

それぞれに投資対象に対して様々な手法があります。
過去の記事にも書いてますのでよければ読んでみてください。

最初から大きなお金を扱うとなると精神的に大きく左右されてしまいとても危険です。
それが原因で失敗した時の当然ダメージも大きくなります。

初めての投資をするのであればまずは少額(5万円ほど)でできる投資対象を選ぶといいと思います。

個人的に100円から練習できるブックメーカーの
スポーツ分野を投資の対象とするスポーツブック投資法がおすすめです。

スポーツブック投資についてはこちらの記事に詳しく書いています。
http://akerutoushi.com/sportsbookmaker/

教えてもらえる環境をみつける

実際に自分で投資を練習したいと思った時、独学も良いですが、
できれば人から教わって身につけることをおすすめします。

その人が時間をかけて研究したり見つけ出した実際に
利益を出してる方法を真似してしまうのが早いです。

私自身も初めは独学でやろうとしておりましたが、何からして良いか全くわからず
結局スクールを何箇所も探し、最終的にMr.satoのもとにたどりついてからは
一ヶ月ほどのとても短い期間で利益が出せるようになりました。

教わる環境を探す上で大切なポイントが3つあります。

1、個別で教えてくれるか
セミナー形式や動画、カフェで数回教えますというところが多いです。
このような環境では投資を身につけることは難しいです。
投資はノウハウよりメンタル面の方が重要です。
ちゃんと教える場所があり、個別指導で教えてくれるところを見つけたほうが良いです。

2、手法に再現性があるか
ほとんどのスクールで教えている手法は、その人独自の「技」で、「統計上の数字」がありません。
なのでその人は利益が出ていても、他の人がやったときに再現性が低くなるのは当然です。
なぜなら感性やセンスはまねできないからです。
教わろうとしている手法にちゃんと統計上の数字があり、継続的に利益を
出しているか確認すると良いです。

3、実績はどうなのか
過去に教わった人がちゃんと利益を出せているかなど実績を
見せてくれるところから教わったほうがいいです。

まとめ

今回は投資はスポーツと同じという話をさせていただきました。

最初からいきなり本番で大きな利益を狙うのではなく、
スポーツと同じで少額からできる投資対象で練習することが必要です。

少し面倒かもしれないですが、長い人生のほんの1ヶ月練習くらい練習(できれば人に教わりながら)
をすることで誰でも自分の力だけで毎月30万ほどの利益を出すことは十分可能です。

そしてその積み重ねが長期的に見ると大きなお金の差になることは間違いないです。

是非チャレンジしてみてください!

疑問点などありましたらお気軽にお問い合わせください。

今すぐ登録する

この記事をシェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です